WEB特設サイト

プログラム・日程表


プログラム   日程表   オンデマンド配信一覧


プログラム・抄録集 訂正のお知らせ

特別講演

肝がん分子標的治療研究の動向

司会:國分 茂博(新百合ヶ丘総合病院肝疾患低侵襲治療センター)
演者:金子 周一(金沢大学大学院 消化器内科)

プレナリーセッション1

司会:鳥村 拓司(久留米大学医学部 内科学講座 消化器内科部門)、田中 克明(秦野赤十字病院)

Ramucirumab for patients with intermediate-stage hepatocellular carcinoma (HCC) and elevated alpha fetoprotein (AFP)
演者:工藤 正俊(近畿大学 医学部 消化器内科)

進行肝癌多剤薬物療法の成績
演者:河岡 友和(広島大学病院 消化器・代謝内科)

レンバチニブ治療後の⾎清IGFBP-1 値の上昇は腫瘍内部の虚⾎・低酸素を反映する
演者:鈴木 浩之(久留米大学医学部 内科学講座消化器内科部門)

Lenvatinibの門脈血行動態に及ぼす影響
演者:日高 央(北里大学 消化器内科学)

レンバチニブ治療375例の予後:治療導入時の栄養状態と予後の関係
演者:平岡 淳(愛媛県立中央病院 消化器病センター内科)

プレナリーセッション2

司会:池田 公史(国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科)、椎名 正明(新百合ヶ丘総合病院 消化器内科/京王電鉄 診療所)

免疫チェックポイント阻害薬登場後のレンバチニブの位置づけ

演者:青木 智子(近畿大学医学部 消化器内科)

Lenvatinib で加療された肝細胞癌合併肝硬変症例に対するレボカルニチン製剤のサルコペニア抑制効果

演者:天沼 誠(東邦大学医療センター大森病院 消化器内科)

BCLC B 肝細胞癌に対するレンバチニブ治療:on demand IVR 療法の付加的意義 (多施設共同研究)

演者:下瀬 茂男(久留米大学医学部内科学講座 消化器内科部門)

分⼦標的治療時代の⾼度脈管侵襲陽性切除不能進⾏肝細胞癌に対する動注放射線併⽤治療からのConversion治療の評価

演者:谷 丈二(香川大学 医学部 消化器神経内科)

FDG-PET/CT によるLenvatinib 治療中の肝癌viability、腫瘍内代謝評価の可能性と臨床的意義の検討

演者:山重 大樹(虎の門病院 肝臓センター 内科)

共催シンポジウム1

(共催:バイエル薬品株式会社)

肝がん分子標的治療薬 これからの10年
司会:沖田 極 (山口大学/社会医療法人同仁会 周南記念病院)

分子標的薬に対する肝がんの感受性と抵抗性
演者:山下 太郎 (金沢大学附属病院・総合診療部)

分子標的薬導入後のRFA
演者:寺谷 卓馬 (NTT東日本関東病医院 肝胆膵内科)

HCC全身薬物治療: これまでとこれからの10年
演者:工藤 正俊 (近畿大学医学部 消化器内科学)

共催シンポジウム2

(共催:エーザイ株式会社/MSD株式会社)

レンバチニブの新たな可能性を考える
司会:工藤 正俊(近畿大学 医学部 消化器内科)

Biomarkerから紐解くレンバチニブの可能性
演者:中馬 誠(横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター)

肉眼分類・腫瘍分化度の見極めとLEN-TACE Sequential therapyのポテンシャル
演者:川村 祐介(虎の門病院 肝臓センター 内科)

レンバチニブ後のRe-Challenge TACEの可能性
演者:打田 佐和子(大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学)

共催シンポジウム3

(共催:日本イーライリリー株式会社)

司会:中尾 一彦(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器内科学)

肝癌薬物療法におけるラムシルマブの役割
演者:山下 竜也(金沢大学先進予防医学研究センター)

生存期間延長を目指した進行肝癌治療戦略
演者:加藤 直也(生存期間延長を目指した進行肝癌治療戦略)

ランチョンセミナー1

(共催:アッヴィ合同会社)

司会:井廻 道夫(新百合ヶ丘総合病院 消化器・肝臓病研究所)

肝癌診療において背景肝治療が果たす役割
演者:小林 正宏(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 肝臓内科)

肝細胞癌化学療法の潮流
演者:上嶋 一臣(近畿大学医学部 消化器内科)

ランチョンセミナー2

(共催:ギリアド・サイエンシズ株式会社)

司会:佐々木 裕(長崎国際大学健康管理学部健康栄養学科)

非代償性肝硬変とSVR後発癌-C型肝炎診療の残された課題
演者:玄田 拓哉(順天堂大学医学部附属静岡病院消化器内科)

非代償性肝硬変症に対する医師主導治験「自己完結型肝硬変再生療法」の開発
高見 太郎(山口大学大学院医学系研究科 消化器内科学)

コーヒーブレイクセミナー

(共催:大塚製薬株式会社)

司会:坂本 直哉(北海道大学大学院医学研究院 消化器内科学教室)

肝癌治療予後と筋肉
演者:平岡 淳(愛媛県立中央病院 消化器病センター)

レンバチニブ治療の現状とRDI維持のための工夫
演者:大久保 裕道(順天堂大学医学部附属練馬病院 消化器内科)

特別発言:沖田 極(山口大学/社会医療法人同仁会 周南記念病院)

一般演題